• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

人に面と向かって「音痴」と言ってしまう
非常識な方は
流石に少ないとは思います。

貴女の周りにも
そんな方はいませんよね?

でも、この文章のタイトルが気になって
思わず読み始めてしまった貴女は
思い当たる事があるんでしょうね。

カラオケに行って歌っても
どうも自分の歌が伴奏とずれている
感じがするとか

上手な人の歌と自分の歌い方が
何か違っている感じがする。

でも具体的に
どこが違うのかわからない。

落ち着かない。

貴女の心の声は
こんな感じですよね?

「音痴って
自分では一生懸命
伴奏にあった音を
出そうとしているのに
出せてないことですよね?

私も正しい音が出せていないのは
自分でも何となく
感じているんですが

どうすれば直るんでしょう?

もどかしくて仕方がないです(∋_∈)」。

僕の生徒さんにも
貴女と同じ悩みを持っている方が
少なからずいらっしゃいますので
とても良く分かります。

ではどうすれば
伴奏に合った音で
歌えるようになるのか?

歌っている時に
カラオケの音と同時に
自分の声もきちんと耳に入れるようにすれば
伴奏と貴女の声が合ってくるんです。

でもマイクを使って歌っている時の貴女は
自分の声ばかりが耳に入って
カラオケの音をちゃんと聞いていない。

ほんの少し努力して
今よりも気持ち良く歌えるように
なりませんか?

では、どうすれば両方を同時に
聞こえるようになるのか?

その方法を
この後でご紹介いたします。

あっけないくらい簡単で
しかも効果的な方法です。

では、その方法です。

それは、
歌っている時に片方の耳を
指でふさいでしまえばいいんです。

「はー?それだけ?」
そうなんです。

ちょっと説明させて頂きます。

貴女が歌っている時に
耳に入る音は

空気を伝わってくる気導音と
骨を通して伝わってくる
骨導音があります。

片方の耳を
指でふさいでしまえば

気導音が聞こえにくくなり、
骨導音が主に
聞こえるようになります。

そうすると
自分の歌っている声を
正確に聞きながら
歌えるようになりますので

カラオケの音の高さとテンポ
貴女がその時に出している声の
高さとテンポの違いが良く分かり

とても合わせやすくなります。

片方の耳に栓をするのも
同じ効果がありますので
お好きな方を試してみて下さい。

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

 

何か熊谷にお聞きになりたい事がございましたら

以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください