• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

 

ビートたけしのイケメンな若い頃の画像や、バイク事故を起こした直後、

その後遺症についてまとめました。

 

絶頂期から何十年も経った今でも多くの番組や映画で活躍しているビートたけしですが、

その人生はとても波乱万丈。

 

若かりし頃は、その中のほんの一部ではありますが、

ビートたけしらしさがたくさんつまっていますので、気になる方は是非ご覧ください。

ビートたけしの若い頃がイケメンすぎる?

さんまやタモリと並んで、お笑い界のビッグ3と言われるビートたけし。

 

 

その若い頃を知っているのは40代以降の人達ではないでしょうか。

 

“ツービート”や“スーパージョッキー”、“天才たけしの元気が出るテレビ”などに

聞き覚えがある人は何となく覚えているかもしれませんね。

 

ツービートとして漫才をしているときは、ボケ側のキャラ設定もあって、

とぼけた印象でしたが、元気が出るテレビなどに出演したり

 

俳優として活躍していたりしていた30代の頃のビートたけしは、かなりのイケメンでした。

 

もともと、目、鼻、口のパーツの配置が黄金比で、

美形の要素はあったのだと思いますが、

 

そこに男性の色気が加わった30代のビートたけしは本当にイケメンで、

 

メロメロになる女性ファンもとても多かったです。

 

他の芸能人で例えるなら、見た目は、絶頂期の福山雅治やARATAに似ている感じで、

 

 

 

そこにハードボイドで危なっかしい匂いやイメージをプラスしたのがビートたけし。

 

有名な映画監督、深作欣二は、

とても鋭い顔立ちをした男だった。笑っていても目は笑わない。顔立ちが独特」と

語っています。

 

整った顔立ちだけではない、男性的で危険な香りのする印象を与えるのが、

若い頃のビートたけしのイケメンさ。

 

ニュアンスだけでは分かりづらいでしょうから、

次項で紹介するビートたけしの若い頃の画像を是非ご覧ください。

 

・ビートたけしの若い頃の画像

<twitterリンク1>

https://twitter.com/indo_log/status/1138774862539812864

<twitterリンク2>

https://twitter.com/kyotobenbot/status/874846456372490240

<twitterリンク3>

https://twitter.com/rasu_maru/status/1110172760532082693

<twitterリンク4>

https://twitter.com/Shima_Haruka19/status/955446597617295360

 

ビートたけしの若い頃の画像はネットでたくさん見ることができます。

 

グーグル検索で、「ビートたけし イケメン」

「ビートたけし 若い頃の画像」などのキーワードを入力し、

画像カテゴリーを選択して閲覧してみてください。

 

個人的には、ビートたけしの映画「ソナチネ」や

 

 

バラエティー番組の「元気が出るテレビ」の頃が、一番脂がのっていてイケメンだと感じます。

 

有名なフライデー襲撃事件を起こしたのもそのころ。

 

8ヶ月後には謹慎が解かれ芸能界に復帰しますが、

1994年(平成6年)8月に、現在も後遺症を残すバイク事故を引き起こしてしまいます。

 

ビートたけしの事故の後遺症は?

今から25年前に重傷をともなうバイク事故を起こしたビートたけし。

 

傷は完治したものの、“左顔面麻痺”の後遺症は今もなお残っているとの事。

 

テレビに出演する今のビートたけしの活舌の不安定さを見れば、素人でもわかるレベルです。

 

右目の瞬きがしづらそう、口の左側が動かしにくそう。

 

そんな印象を持たれる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は、顔にはボルトが何本も入っているらしく、

 

テレビでもその部分が気になるのか麻痺を確かめているのか、

話しながら頬を触る場面を見かけることもありますね。

 

左側の感覚は薄いか、またはしびれがあるのかもしれません。

 

ビートたけしは、事故の後遺症である顔面麻痺に関する手記を出しています。

その名も「顔面麻痺」。

 

その手記によると、「傷や病を治すのはあくまで自分。医師は手を貸してくれる存在」

 

と言う考えから、顔面麻痺の手術は拒否しているようです。

 

“自分の治癒力を信じる。治らなければ背負って生きる”

 

そんな覚悟でビートたけしは今に至っています。

 

ビートたけしの事故直後の様子

 

事故があったのは1994年8月2日、午前1時40分。

場所は、東京都新宿区の安鎮坂付近でした。

 

 

 

原付バイクを酒気帯び運転の状態で走行中、

右カーブを曲がり切れずにガードレールに接触して転倒

 

 

意識不明のまま病院に緊急搬送されたビートたけしは、

右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷、右頬骨複雑骨折の重傷でした。

 

良く生きてた」と言うレベルの怪我でした。

 

ビートたけしの付き人、シェパート太郎によると、

事故の第一発見者は、光GENJIの諸星和己だったとビートたけし自身が話したとの事。

 

 

諸星は、偶然通りかかったと話しているようですが、

当時は毎晩のように一緒に飲んでいたという話もあります。

 

事故から半年後、ビートたけしは退院会見を行いました。

 

頭にまだボルトが入っていて、空港の金属探知機に引っかかる」と語り、

記者たちを笑わせていたビートたけしですが、

 

その顔は左半面がひきつった顔面麻痺状態。

 

変貌したビートたけしの顔に、当時、誰もが驚きと不安を覚えました。

 

↓ビートたけしが顔面麻痺の後遺症のまま会見

 

 

お笑い界のビッグ3と言われる、さんま、タモリ、ビートたけし。

 

最も波乱万丈な人生を送っているのは、やはりビートたけしかもしれませんね。

 

同じ時代を生きる一人として、今後も活躍を応援しております。

 

関連記事はこちらにもございます。

よろしければご覧ください。

尾木ママの教師時代はきれいごとを言っていた?金八先生のモデル?

高須克弥の資産額とフリーメイソンでの階級は?息子の長男は誰なの?

オリエンタルラジオの中田敦彦は離婚した?福田萌との馴れ初め?

宮迫博之は髪増えたけど髪型とカット方法は?胃がんのステージは?

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください