• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

今回も、僕のブログを読んだ方から
頂いたメッセージをご紹介いたします。

「自分で歌うのも好きだけど
どちらかというと
人が歌っているのを聞く方が好きな
40代女子です。

週に1.2回、うちの近くの
カラオケのある店に遊びに行きます。

歌っている人の様子を観察していると
結構面白いですね。
子供の頃から人の心を想像することがかなーり好きな方でしたから。

人が聞いていようが聞いていまいが関係なしに
マイペースで歌っているおばさん。

自分の歌で人がどう反応するか気にして
その時自分が歌いたい曲よりも
その場のお客さんに受けそうな選曲をする
気を遣いすぎのお兄さん。

人の歌を聞くと、
どうしても一言言いたくなる
自信満々のおじさん。

歌っているうちに感情が盛り上がり
涙目になって熱唱するお姉さん。

そして私が気の毒に思うのは
一生懸命歌っているのに
あまり大きな声が出ない人。

表情とかを見ていると
熱唱している雰囲気は
とても伝わってくるのですが
息が上手く声になっていないというか

あれって、何故なんでしょうね?」。

 

貴女はとても鋭い観察眼をお持ちの方ですね。

熱唱してるようなんだけど
声量に反映していない方。

吐く息にきちんと
声が乗っていないんですね。

せっかく吐いている息が漏れてしまって
効率よく声になっていない。

こういう息漏れの多い声の出し方では
残念ながら声量が出ません。

 

ではどうすれば、
息漏れの少ない声の出し方が身につくか?

この後でエクササイズを紹介させて頂きます。

 

①口から5㎝くらい前に手のひらを当てて下さい。

②そのまま「サシスセソ」「ハヒフヘホ」と
声を出してみましょう。
手のひらに息が強く当たりませんでしたか?

③今度は、口をさっきより大きめに開いて
お腹を使うことを意識して
声を出してみて下さい。

手のひらに当たる息の強さが
さっきより弱くなりませんか?
「舌を凹ませる。
口蓋垂(のどちんこ)が良く見えるように。
そのために腹筋を使う」。

 

僕がレッスンの時に生徒さん達に
口が酸っぱくなるほど繰り返し言っている事です。

こういう風に口を開いて声を出せば
発声の問題のかなりの部分が解消されます。
きちんと息に声が乗って
貴女の歌に魂が宿ります。

 

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

 

何か熊谷にお聞きになりたい事がございましたら

以下よりメッセージをお送りください。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください