こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

今回も、僕のブログを読んだ方から
頂いたメッセージをご紹介いたします。

「もう50代に入ってしまった私。
不動産会社で経理をずっとやっている。

仕事はまあまあ出来るから
当分首にはならないと思うけど
最近若い子が入ってきて
お給料を下げられてしまって
プチストレスあり。

カラオケは大好きなんだ。
息抜き出来るし。
だから歌いだすと
もう止まらない感じ。
ハイになると言うか、ゾーンに入った感じ?

でもそれも初めの4,5曲だけの話。
その後2,3曲歌い続けると
何か胃のあたりがギュッと固くなってきて
息苦しくなってきちゃうんだ。

もっと長い時間楽に呼吸が出来て
気持ち良く歌えるようになれないかな、私。
気持ちいい感覚って、
なるべく長く味わいたいしー! (´(・)`)クマッタ・・」

実はこれは他人事ではなくて
かつての僕自身の話です。

でも、歌う直前にコレをやってみたら
息苦しくならずに
1曲歌いとおせるようになったんです!

舌の位置を意識することなんです。

これは、呼吸が楽になるだけではなく、
他にも沢山いいことがあるんです。
そちらも紹介させて頂きます。

さて、僕が歌う直前にやったことは3つです。

①口を少し開いて
舌の先を上の前歯の少し後ろに当てます。

②そのまま首をうんと後ろに倒します。
ここで口を開いてみましょう。
これで喉が良く開きます。
そして鼻呼吸が楽に出来ます。
更に、お腹を使う感じもつかめます。

③口先も喉も鼻も開いたら
そのまま首を起こして下さい。

この3ステップで、
息の通りが良くなって呼吸が楽になります。

胃のあたりがギュッと固くなることも
なくなります。

気持ち良く歌えるようになるはずです。

この上の前歯の少し後ろのデコボコした場所
呼吸に関するツボと言っても良い場所なんですね。

歯科医のかたは、ここを「スポット」と
呼んでいます。

舌の先をスポットに付ける癖をつけると
まず、口呼吸をする事がなくなります。

口呼吸というのは、ドライマウスの原因になりますし、
口臭の原因にもなります。

そして、歌っていて
すぐに喉が渇く原因にもなります。

これらが思い当たる方は、この後で紹介する
口のエクササイズをおやりになって
舌の先をスポットに付ける癖を
身につけて下さい。

①舌の先をスポットにつけて
奥まで上あごに密着させます。
そしてこのまま、
口を開いたり閉じたりしましょう。

②舌の先をスポットにつけて
そのまま舌全体を奥の方に滑らせていきます。

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

 

何か熊谷にお聞きになりたい事がございましたら

以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク