早いもので

2018年も、あと1月と少しになりました。

 

皆さんにとって、今年1年はどんな年でしたか?

 

年末にかけて

忙しくなる方も随分いらっしゃるでしょうが

 

そんな時期こそ、夜空を見上げて

ちょっと息抜きをしては如何でしょうか?

 

12月の末に、こぐま座流星群の活動がピークを迎えます。

 

たまには流れ星に願いを込めるのも

ロマンチックで素敵だと思いませんか?

 

こぐま座流星群はいつ頃見られる?

(引用元 星座図鑑

 

こぐま座流星群は、一年がもうすぐ終わる時期、
つまり12月の下旬に出現する流星群なんです。

 

あと1月と少しですね。

 

流星群と聞くと、
何十年に1度しか見るチャンスが巡ってこないんじゃないかと
思う人も多いでしょうが、

 

毎年同じ時期に出現する流星群も、
いくつもありまして、
こぐま座流星群もその一つなんですね。

 

ですから、もし今年あまり見る事が出来なくても、
来年の暮れには又見ることが出来るのも
こぐま座流星群を見る楽しみの一つです。

 

季節の話題等の記事はこちらにもございます。

よろしければご覧下さい。

猫寺 福井県の御誕生寺へのアクセス・営業時間・お守りなどのグッズ情報まとめ

七夕の笹はいつから買える?織り姫の伝説は中国から来たの?竹と笹の違いは?

 

 

2018年にこぐま座流星群がピークを迎える日は?

2018年、こぐま座流星群が出現するのは、
12月17日~26日の期間と言われています。

 

その中でもピークの日は、12月23日です。

 

クリスマスイブの前日になりますね。

 

丁度、天皇誕生日と言う祝日に当たりますから

ゆっくり見ることが出来る方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

こぐま座流星群の観察に適した時間帯は?

2018年のこぐま座流星群のピークは
12月23日の午前6時頃です。

早朝ですから、良く見る事が出来ないのでは?とも思いますが、

 

放射点(流星が降り注ぐ起点となる場所)は
早朝の方が高くなりますから、

見えやすくなる可能性もあります。

12月の満月は23日の2時49分です。

 

この僅か3時間後であるため、月明りが眩しくて
観測の条件としては

あまり良くないと言えます。

 

しかし、こぐま座流星群は一日中沈む事がないですから、
ピークの時間にこだわらなければ
一晩中観測する事が可能です。

 

見える流星の数は、どれくらいなの?

こぐま座流星群は、どれくらい星が流れるのか
予想がつかない流星群で、

 

1時間の出現数が3~5個くらいの年もあれば、

突発出現と言って
流星が滝のように流れる年もあります。

 

今年が、そうだったらいいのですが。

 

最近では2000年に突発出現しましたし、
14年や16年にも
活発な活動が観測されています。

 

こぐま座流星群の見える方角は?

こぐま座流星群の放射点は北極星の近くですから、

北の方向を向いて真上(天頂)を見上げれば
そこに放射点があると考えてよいでしょう。

星図

(引用元 アストロアーツ)

 

真上(天頂)を見上げて流れ星が見られたら、
それがこぐま座流星群です。

 

こぐま座流星群は全天に流れる流星群ですから、
空が見えるところなら
どこでも見つけやすいと言う事は言えます。

 

しかし、2018年のこぐま座流星群のピークの時間は
満月に近い時間帯ですから、

 

月明りや街の明かりが眩しすぎると
星が綺麗に見えないかも知れません。

 

周りに広い空間があって、
なおかつ暗い場所で観察するのがベストです。

 

こぐま座流星群を綺麗に見たくて
貴方の自宅の周りに暗い場所がなければ

 

12月23日の祝日の早朝に
しっかり防寒対策をして

 

車かバイクで、暗くて星が良く見える場所まで移動して
パートナーと2人で野原にでも寝っ転がって

 

ゆっくりこぐま座流星群を見るのも
思い出深いデートになるんじゃないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク