伊藤沙莉(いとうさいり)が11月17日、
東京都多摩市のパルテノン多摩で行われた
第10回TAMA映画賞の授賞式に出席しました。

「パンとバスと2度目のハツコイ」(今泉力哉監督作品)、
「寝ても覚めても」(濱口竜介監督作品)などの好演により
最優秀新進女優賞を獲得した伊藤沙莉は、

 

トロフィーや花束を受け取りマイクを握ると
ハンカチを目に当てて涙をふきながら、

 

「すみません、早いですね……。

このような素晴らしい賞を頂きまして
本当にありがとうございます」と

感動の面持ちでした。

伊藤沙莉は「ひよっこ」で笑った?

有村架純の出世作となった
朝ドラの「ひよっこ」。

 

この「ひよっこ」の中でも
個性的な演技で注目を集めた伊藤沙莉。

 

伊藤沙莉は「ひよっこ」で
どんな役で出演していたのか?

 

30話から出演していて
三男に想いを寄せている、安倍米店の店主の娘で
経理を担当する安倍さおりの役を演じていました。

 

 

強烈な個性を放つ怪演でしたから
このドラマで伊藤沙莉の事を覚えた方も
随分いらっしゃった事でしょう。

 

彼女の演技を初めてみた中高年世代の方には
女優ではなく女芸人と思った方も
少なからずいらっしゃったようです。

 

容姿が可愛い、綺麗と言う事ではなく
存在感がある、演技力があると言う事で
注目されているのは、

伊藤沙莉は
大女優への道を歩んでいるのではないでしょうか?

「まんぷく」の安藤サクラと同様に。

 

 

逆に伊藤沙莉にとって「ひよっこ」は
多くの人に自分の顔を覚えてもらった
思い出深い作品と言えるでしょう。

 

個性的な演技が際立つ伊藤沙莉ですが

笑顔が可愛いとも言われています。

 

流石に演技が上手い役者さんだけあって、

微笑みから満面の笑顔まで

色んな笑顔を見せてくれてます。

 

役者の記事はこちらにもございます。

よろしければご覧下さい。

織田裕二と鈴木保奈美の過去の月9のドラマは何?キャストと感想は?

水谷豊の娘・趣里はドラマに出ていてブサイクと言われている?彼氏はいる?

芦田愛菜は鼻につく態度?形がにんにくに似ていて変ででかくて残念?

高畑充希の彼氏は竹内涼真か坂口健太郎か岩田剛典?フライデーされた?

 

伊藤沙莉と大橋とのキスシーンやばい

伊藤沙莉のキス写真は、いくつかありますが
1番生々しいと言われているのが
大橋裕之とのキスシーンです。

 

演技とは思えないほど
自然で生々しいキスシーンですね。

このドラマを見た方の感想は

 

 

「この光景が、面白かったな」

「あまり良い気はしないシーンだった」

「とにかく衝撃的だった」

人にとって色々な感想があったようですね。

 

見た人に、これだけインパクトを与える演技が出来る

伊藤沙莉ですから、仕事が途切れる事はなさそうです。

 

伊藤沙莉は事故にあって菊池風磨との関係は?

実際には、伊藤沙莉は
事故にあったことも搬送されたこともないようです。

 

『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』と言う
番組の中で演じられたストーリーです。

この番組の原作は
『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』と言う漫画です。

 

この番組は松岡茉優と伊藤沙莉が本人役で主演する、
フェークドキュメンタリードラマの仕立てで
製作されました。

 

松岡と伊藤の2人が司会を務めて、

 

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』を原作とした
テレビのバラエティー番組という設定で、

 

原作と同じような趣味を持つ著名人をゲストに迎えて、
その「おこだわり人」ぶりを披露してもらいながら、
松岡と伊藤の間の友情を

ドラマやインタビューで探ると言う複雑な構成でした。

 

この番組内のドラマの中で

本人役で出演していた
伊藤沙莉が事故に遭う場面があったので、

ドラマと現実がごちゃ混ぜになって
検索されているようなんです。

 

まあ、伊藤沙莉の演技が上手い事の証明になる

エピソードではあります。

 

 

伊藤沙莉と菊池風磨の関係は、これから説明させて頂きます。

 

ドラマ『スクラップ・ティーチャー』で初共演を果たした
伊藤沙莉と「Sexy Zone」の菊池風磨。

 

その後、「GTO」で再び共演した2人です。

「GTO」で、エキストラとして出演した人が、SNSに

 

「伊藤沙莉と菊池風磨が仲良く
撮影現場でイチャイチャしていました」という
書き込みが、騒ぎの始まりでした。

 

その後、菊池風磨のファンが伊藤沙莉に
「撮影現場の菊池君の様子はどうでした?」
と質問したとか。

 

それに対して伊藤沙莉は

「全員が菊池君から元気をもらっています。

彼は最高のムードメーカーですね。

 

とてもグレートでした」
と返信してしまいました。

 

親切なんですが、
これはまずいんですね、

 

ジャニーズのタレントについては。

ジャニーズ事務所には暗黙のルールがあるようで、

 

「当事務所の所属タレントの撮影の際の様子や裏話などを
本人や事務所の許可なくして、話すのは厳禁」とか。

 

しかし、最初に伊藤に質問した
菊池風磨のファンも
当然、このルールは知っているはずですが?

 

結果、伊藤沙莉はツイッターで炎上しました。

 

菊池風磨やSexy Zoneのファンに対しての
謝罪を求めるコメントが殺到してしまったんですね。

 

でも、このファンたちに対する伊藤沙莉の対応が見事でした。

誠実な人柄が良く出ている対応でしたね。

 

 

 

伊藤沙莉プロフィール

 

生年月日 1994年5月4日(24歳)
出身地 千葉県
身長 151 cm
血液型 A型
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 2003年
事務所 アルファエージェンシー
主な作品 テレビドラマ 『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』
『みんな昔は子供だった』
『女王の教室』
『わたしたちの教科書』
『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』
『大切なことはすべて君が教えてくれた』
『GTO』
『みんな!エスパーだよ!』
『トランジットガールズ』
『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』
『THE LAST COP/ラストコップ』
『ひよっこ』
『隣の家族は青く見える』
『いつまでも白い羽根』
『この世界の片隅に』
『恋のツキ』
『獣になれない私たち』
映画 『全員、片想い』
『獣道』
『ラストコップ THE MOVIE』
『パンとバスと2度目のハツコイ』
『blank13』
『寝ても覚めても』

スポンサーリンク