松原 后(まつばら こう、1996年8月30日 22歳 )は、
静岡県浜松市出身のサッカー選手です。

 

清水エスパルス所属。左SBとして活躍しています。

スピードで相手の包囲網を突破するより
味方とのコンビネーションプレイで
サイドを攻略する事を得意としています。

 

好戦的なプレイは、素晴らしいパフォーマンスを
演じることもありますが

 

熱くなりすぎる場面も見られます。

 

今後、メンタル面での成長があれば
日本代表入りも充分可能です。

 

松原后はクウォーターなのかな?

 

松原后選手はクォーターなの?と
気になっている方が多いようですね。

 

調べてみるとツイッターで
「僕もクォーターなので韓国料理が大好き」と
過去につぶやいた事があるみたいです。

 

韓国系の血が入っているのかもしれませんね。

 

別の国のクォーターなのかもしれませんし、
単なる冗談の可能性もあります。

松原后の独特のプレースタイルは
珍しい血統も関係があるのかも知れませんね。

 

サッカー選手の記事はこちらにもございます。

よろしければご覧下さい。

岩崎悠人はサッカー下手でどこのスパイク履いてる?年棒はどれくらいなの?

昌子源の読み方と出身中学は?姉がいるの?

吉田麻也は本当に下手なの?頭が禿げていて、2人目の子供が生まれた?

「大迫勇也半端ない」の本人は今どうしてる?嫁が可愛くないらしいが性格は

 

 

松原后は彼女がいる?

松原后はまだ22歳で見た通りのイケメン、
しかも182cmの長身ですから

 

これはモテそうですね。

 

彼女がいるのかどうか気になる女性ファンも

随分いるんじゃないでしょうか?

 

ごめんなさい。

 

調べましたが、
彼女に関する情報は出て来ませんでした。

 

現状では寮生活をしていますから、
彼女を作るのは難しそうですね。

 

しかし松原后は、若いうちに
海外へ移籍したい希望を強く持っている選手です。

 

海外までついて来てくれて、
自分を支えてくれるパートナーを探している
可能性はありそうです。

 

松原后は神戸へ移籍する?

昨シーズンの冬は「若い左SB」が注目されました。

 

東京ヴェルディから鹿島アントラーズに移籍した安西幸輝(あんざいこうき)、

サガン鳥栖への移籍を決めた安在和樹(あんざいかずき)、

アビスパ福岡から柏レイソルへと移籍した亀川諒史(かめかわまさし)、
など。

清水エスパルスの松原后も、ヴィッセル神戸ほか
いくつかのクラブが興味を示していたようです。

 

浜松開誠館高校2年生の時までは
攻撃的なポジションでプレーしていましたが、
3年生の時からDFに転向しています。

 

まだ経験の浅い22歳の松原后ですから
プレイにも粗削りな部分が目につきますが、
その分伸びしろが随分あります。

182㎝の身長は魅力的で、
力強いドリブル突破が持ち味の松原后が

 

各クラブのスカウトマンから
注目を浴びたのは当然の事でしょう。

 

前シーズンでプロ入り3年目を経過して
自分のプレイに対する確かな手応えを掴みました。

 

すでに将来の日本代表入りも見据えているなど
高い目標を持っています。

 

海外クラブへの移籍も松原后の視野には入っています。

 

代理人や、父親の元清水DFの松原真也にも
既にその希望は伝えている様子です。

 

逆に、国内チームへの移籍には気乗りがしないようで、
18年の1月5日には清水と契約更新したことが
発表されました。

 

17年12月中旬の交渉の場において、
松原后は清水への愛着を口にしていました。

 

清水が今よりもビッグなクラブになるための
 ビジョンが僕になければ、
 このチームに残る意味はないです」

 

18年のシーズンも引き続き
清水でプレーする意思があるかと
メディアから問いかけられた際に

 

「自分の事を、決して若いとは思っていないし、
もっと力を付けて
 チームを引っ張ることができる存在になりたいです」と

強い口調で語っていました。

 

松原后と金崎夢生(かなざき むう)は乱闘騒ぎを起こした?

松原后は鹿島アントラーズの金崎夢生と
乱闘騒ぎを起こしたと言われています。

 

 

でも実際には乱闘と言うほどではなく小競り合いでした。

松原后と金崎夢生のマッチアップ(駆け引き)で
どちらがファウルを取られても仕方がない場面でした

 

結局、金崎夢生がファウルを取られました。

納得出来ない金崎夢生が審判に抗議すると
早くプレイに戻りたい松原后が

金崎夢生を「どけ」という感じで
強めに押した場面です。

 

その後も続いて、二人は興奮して言い争いをしていましたが、

これは、まあ試合中には度々あることですし、

 

力強いプレーと勝負度胸を評価したい所です。

 

松原后と金崎夢生の両方にイエローカードが出ました。

審判の判断で喧嘩両成敗ということで一件落着しています。

 

なお、試合の終わった後に謝罪や和解などはなかった模様です。

 

真剣勝負の世界でお互いに興奮するのは当たり前ですし、
どちらかが怪我するような場面でもないですから
必要ありませんね。

松原后の気の強さを垣間見た場面でした。

 

松原后プロフィール

 

 

 

ニックネーム マツ、コウ、コウちゃん
生年月日 1996年8月30日(22歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 182㎝
体重 76㎏
在籍チーム 清水エスパルス
ポジション DF
背番号 25
利き足 左足

 

(引用元 ウイキペディア)

スポンサーリンク