歯に衣着せぬ奔放な発言で人気者のデヴィ夫人(78歳)。

 

「9月10日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で、
司会の内村光良に対して、絶対オンエア出来ない
「トンデモ発言」をしてしまったみたいです。

 

問題の発言が出たのは、番組の中で
ある夫婦のエピソードが紹介された直後です。

 

「内村光良が話のまとめに入ったタイミングで、
デヴィ夫人が内村に『あなたって略奪愛なんでしょ?
って言い出しまして」(別の番組関係者)

 

内村光良は当時テレビ朝日のアナウンサーの徳永有美(43歳)
と不倫の末、結婚に至っています。

 

略奪愛と騒がれたのは間違いありませんが、
もう15年も前の話です。

 

デヴィ夫人の入れ歯の証拠は?

入れ歯は若い頃からしていた?

デヴィ夫人の入れ歯はデマ?

入れ歯の理由は?

 

年配の芸能人の記事はこちらにもございます。

よろしければご覧下さい。

 

津川雅彦の若い頃の画像は?娘は結婚してる?母親は誰?

樹木希林の自宅はぴったんこカンカンで放送された?レストラン?間取りは?

内海桂子の若い頃!子供の出産から旦那・成田常也との馴れ初めが凄い!

デヴィ夫人の入れ歯の証拠は?

後ほど説明させて頂きますように
デヴィ夫人は若い頃、仕事上の必要から
歯を全て抜いて入れ歯にしたと言う噂があります。

 

しかし、あくまで噂でして
入れ歯という証拠はないです。

 

後ほどの説明に出てくるような話が
本人の口から聞けるとは
とても思えませんので。

 

入れ歯は若い頃からしていた?

 

普通は年を取って
歯がなくなってから入れ歯をしますが、
デヴィ夫人は何故か若い頃から入れ歯をしていたと
噂されれています。

これについては、この後で説明させて頂きます。

 

デヴィ夫人の入れ歯の理由は?

 

そのわけは、デヴィ夫人が
スカルノ大統領夫人になるより前に、
高級クラブ「コパカバーナ」に勤めていたからとの事です。

 

水割り一杯でウン万円も取るような
VIP専門の高級クラブだとかで、
噂によれば「男性向けの夜の接待」もあったとか。

 

夜の接待で口を使ってどんなサービスを提供するのかと言えば
この記事の読者は大人の方ばかりでしょうから
わかりますよね?

 

相手は政界の大物などもいる超VIP。

 

大事な場所に怪我をさせては失礼に当たると、
デヴィ婦人は歯を全部抜いて入れ歯にしたとの
下品な噂です。

 

コパカバーナと言う高級クラブが存在したのは事実で、
デヴィ夫人はこの店でハタチ前から
働いていたと言われています。

 

デヴィ夫人の生家は貧しく、
手っ取り早く高収入を得るために
高級クラブで働く必要がありました。

 

デヴィ夫人の入れ歯はデマ?

先ほどご紹介したように
入れ歯と言う証拠はありません。

 

でも、デマであるという
証拠もないです。

 

元インドネシアの大統領夫人の割には
あまりにも妙な噂が多いデヴィ夫人です。

 

中には整形疑惑や、この後でご紹介する
問題にする必要のないレベルのものから、

 

現実に警察のお世話になったり、訴訟沙汰になったり。

 

「デヴィ夫人は1959年、19歳のときに、
インドネシアへの開発援助に伴い
「東日貿易の秘書」という名目で、
スカルノ大統領のもとに送り込まれた。

この一件に当時『昭和のフィクサー』と呼ばれた
暴力団関係者の児玉誉士夫が関わっていたとされる。

 

1970年のスカルノ死去時に
スカルノ一族としての地位などを喪失し、

 

第3夫人としての資産は与えられなかったとも、
実際には死去時に遺産が与えられたとも言われている。

 

1992年(平成4年)1月2日にアメリカ合衆国のスキー・リゾート地、
コロラド州アスペンで、

 

セルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘の
ミニー・オスメニャ(Minnie Osmena)の顔をシャンパングラスで殴打し、


37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕され
禁固60日・罰金700$の実刑判決が出て、34日間収監される」

(引用元 ウイキペディア)

 

こんなのもあります。

 

2011年10月に起こった
大津市中2いじめ自殺事件について、

 

加害者及びその関係者と思われる人物の
実名や顔写真、更に
女性の写真を公開してデヴィ夫人自身のブログで
激しく批判しました。

 

しかし後に人違いである事が明らかになりました.

 

当該女性に1100万円の
損害賠償などを求める裁判を起こされた事もあります。

 

かなり前からデヴィ夫人には
きな臭いというか、いかがわしいと言うか
こんな感じの話が付き物ですね。

 

まあ、全部本人の責任とは言えませんが

 

人に焼きもちを焼かせると言うか
人の気持ちをかき乱す所が
昔から今までデビィ夫人にはあるようです。

 

ですから、色々下品な話が出てくるのも
仕方がない部分はあると思いますね。

 

 

デヴィ夫人プロフィール

本名    ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
Ratna Sari Dewi Sukarno
(インドネシア名)

根本 七保子
(旧名・日本名)

別名義   デヴィ夫人

生年月日  1940年2月6日(78歳)

出生地   東京府東京市麻布区霞町
(現:東京都港区西麻布)

 

国籍   インドネシア

職業   タレント

 

 

スポンサーリンク