• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

僕のこのブログを見て、
時々ご自分の歌の悩みを相談してくださる方が
いらっしゃいます、

僕を信頼して相談してくれるわけで
とてもありがたいことだと思います。

貴方も、何か僕に相談したいことがございましたら
ご遠慮なくメッセージをお送り下さいね。

では、先日僕が頂いたメッセージを
紹介させて頂きます。

音楽を本格的に習った経験のある方からの
メッセージです。

「私は音痴ではないと思うんです。

子供の頃からピアノを習っていましたので
絶対音感もあります。
リズムが狂う事もありません。

でも声が、か細いっていうか。
もっとパワーのある声で
思いっきり歌えるようになりたいです」。

これだけ音楽的にレベルの高い方でも
悩みがあるんですね。

この方の、声が細いという悩みは
胸をメインに使って呼吸している
声を出している可能性が大です。

それを、お腹をメインに使う
横隔膜を上下させる腹式呼吸に変えると
今よりパワフルな声が出るようになると
僕は思います。

では、なぜ歌う時には
腹式呼吸がふさわしいのでしょうか?

胸や肩を動かす胸式呼吸では
どうしても喉や首に
余計な力が入りやすいからなんですね。

この方と同じような悩みを持つ
貴女でも超簡単に腹式呼吸が出来るようになる
エクササイズをこの後で紹介します。

息継ぎの仕方も上手くなる
欲張りなエクササイズになります。

ではエクササイズの紹介です。

①口を閉じて鼻で呼吸をします。
息を吸う時にお腹が膨らむことを意識して下さい。

②メトロノームのアプリを使って
1分間に76の速さの音を出しましょう。

③1,2,3,4と四拍子を発音します。
初めの1拍で鼻から息を吸い
残りの3拍で口から息を吐いてゆきます。
ここで鼻から息を吸う理由は
口で吸っていると胸や肩にに力が入り
胸式呼吸になりやすいからです。

④この長さに慣れたら、
初めの1拍で鼻から息を吸い
残りの7拍で口から息を吐いてゆきます。
実際に歌う時は、
これくらいの長さで呼吸をしますので。

この呼吸の長さの感覚を体で覚えてしまって
貴女が好きな歌を練習すれば
パワフルな声が出るようになり
息継ぎもタイミングよく出来るようになり
気持ち良く歌えるようになるでしょう!

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

 

何か熊谷にお聞きになりたい事がございましたら

以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください