• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

「歌の上手い人ってロングトーンが上手いよね。
私のママ友にもいる、
この人どこまで語尾の音を伸ばせるんだろう?
っていう人。

本人曰く、音を伸ばしている間
お腹で息を支えているんだって。
キレイに伸びてるロングトーンって
聞いてて気持ちいいよね。
本人も気持ちいいんだろうし。

私はロングトーンが下手。
腹式呼吸が出来ていないせいだと思う。

カラオケの先生は、良くこんな事をいうみたい。
「胸式呼吸はダメです。
歌を歌う時は腹式呼吸にして下さい」。

胸式呼吸を胸でするのは、わかる。

でも素朴な疑問なんだけど、
腹式呼吸って、お腹で呼吸する事……。

でも、お腹で呼吸するってどういう事?
呼吸はお腹じゃなくて
肺でするものだと思っていたんだけど?」

貴女のおっっしゃる通りで
お腹で呼吸は出来ません。

腹式呼吸とは、
息を吸うときに横隔膜が下がる事で、
肺に空気が入る呼吸法です。

それには当然横隔膜の動きがとても大切です。

この後で、横隔膜の動きを良くして
気持ち良く歌えるようになる
簡単なエクササイズをご紹介いたします。

ボイストレーナーの方が
「ドギーブレス」と呼んでいる方法です。

貴女のおうちにワンちゃんがいるなら
彼(彼女?)の呼吸の真似をすればいいんです。

もし貴女がワンちゃんを飼っていないのなら
飼っているお友達に見せてもらって下さい。

ワンちゃんは、
走った後どんな呼吸をしていますか?

顎の力を抜いて大きく口を開いて舌を出して
「ハッハッ」と小刻みに息を吐いていませんか?

同じように呼吸してみて下さい、お腹に手を当てて。
その時に動いている場所が、貴女の横隔膜の場所です。

因みに横隔膜って内臓ではなくて筋肉だったりします。
貴女のみぞおちのあたりにある結構大きな筋肉です。

まずは「ハッハッハッハ」と
短めに息を吐いてゆきましょう。

次に、同じ呼吸で「ハー」と長めに息を吐きましょう。

そして今度は軽く声に出してみます。

このエクササイズを続けてゆけば
ロングトーンがきれいに伸びて
聞いている方も、貴女自身も
気持ち良くなる歌い方が出来るのは
もうすぐです。

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

何かくまちゃん先生に
お聞きになりたい事がございましたら
以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください