2018年の9月10日、渋谷区の飲食店から
「客がトラブルになっている」と通報があり、
駆けつけた警察官が調べたところ、
その場にいた高橋祐也から覚醒剤の陽性反応が出ました。

 

高橋容疑者は「覚醒剤を使ったことは間違いありません」と
容疑を認めています。

 

ネットでの反応です。

「高橋祐也(11年ぶり4回目の逮捕)古豪復活感あるよな」

「38歳で4度目の逮捕って結構多くね?」

「牢屋に入って刑を終えてシャバに出てきても
 又5回目の逮捕がありそう

同感!

 

高橋祐也と関東連合との関わり?

 

20005月13日 東洋ボール集団リンチ事件

東京都大田区のボウリング場トーヨーボール駐車場において
関東連合と敵対する全狂連暴走族のメンバーと間違われた
男性5名が車で拉致され暴行された結果、
1人(寿司店員)が死亡した集団リンチ事件

 

男性5名を拉致した時の車が、高橋裕也の車でした。

 

三田佳子は釈明会見で
「車が、息子の裕也の物というのは
逮捕された方の発言ですから」と
高橋裕也の事件への関与を否定しました。

 

しかし、事件から1年経って、
寿司店員の遺族から、三田佳子は責任逃れしていると
高橋祐也と三田佳子を相手とする民事訴訟を起こされました。

 

高橋祐也の逮捕歴1

 

 

18歳の時に覚醒剤取締法違反で逮捕。

1998年1月7日、高橋祐也は
森村学園高等部三年生の18歳の時、
覚せい剤取締法違反で逮捕されています。

この時は、初犯でしかも未成年でしたから、実刑ではなく
1998年2月9日に保護観察処分となり、
高校は退学処分となりました。

 

高橋祐也の逮捕歴2

地下室で、覚醒剤パーティーを行なって逮捕

2000年10月25日、高橋祐也が自宅の地下室で、
覚せい剤パーティーを行っていたことが明らかになり、
覚せい剤取締法違反で、友人の17~20歳の
男3人・女1人と一緒に逮捕されました。

 

高橋祐也は大学から退学処分を受け、
三田佳子も1年間女優活動を自粛しました。

 

地下室のパーティーにはグラビアアイドル数名が
参加していたと噂されています。

嘉門洋子の名前も挙がっています。

 

しかし、彼女は三田邸への出入りは認めるも、
パーティへの参加は全面否定しています。

 

裁判では、高橋祐也は起訴事実を全面的に認め、
2001年4月25日に、
懲役2年・執行猶予5年の実刑判決を受けています。

 

高橋祐也逮捕歴3

コンビニのトイレで覚せい剤を吸引し逮捕

 

高橋祐也は2007年11月15日、
コンビニのトイレで覚せい剤を吸引していたことが
店員の通報により発覚しました。

 

現場に駆けつけた警察官が路上で高橋祐也に職務質問したところ、
覚せい剤約0.1gを所持していたため、
覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されました。

 

2008年1月28日、
裁判で懲役1年6ヶ月の実刑判決を言い渡されました。

後日、薬物依存治療に専念するために即日控訴しましたが、
控訴は取り下げられ実刑が確定しました。

 

そして、薬物依存治療の区切りを待って刑務所に収容されて、
2009年6月25日、仮釈放されています。

 

その後はアルコール・薬物依存者のためのリハビリセンター
琉球ガイアに入所して社会復帰を図っていました。

 

高橋祐也逮捕歴4

覚醒剤吸引後、渋谷区の飲食店でトラブルを起こし逮捕

冒頭に書いた通りです。

 

元乃木坂46の大和里菜との関係は?

 

 

「大和里菜がDVの被害を受けたとして警察に駆け込んだ時
初めのうち、警察は「民事不介入」として
捜査に乗り気ではありませんでした。

 

しかし、大和里菜の交際相手が高橋祐也だとわかると
大和里菜に被害届を出させるために捜査に本腰を入れました。

 

大和里菜は『以前も高橋祐也に酷い暴行を受けて、
肋骨を激しく殴られた事がありました。

その事があるので、今日は身の危険を感じて警察に駆け込みました』と
証言したみたいです。

 

念のため医師の診断書をとると、今回の怪我は軽いものでした。

しかし、以前に殴られたという肋骨は骨折していたとか」(芸能関係者)

 

「大和里菜は『高橋祐也と会うとお小遣いとして毎回3万円くれる』
と話していたようです。

大和里菜の他にも、お金目当てで、高橋祐也の遊び相手となる
女の子は数人いたようです」(大和の知りあい)

 

「大和里菜は友達に『示談金は150万円で決まりそう』と話していました」
(前出・芸能関係者)

 

大和里菜は2014年に未成年飲酒疑惑が週刊誌に載った事で
事務所を解雇されました。

 

この事実だけでも周りから批判を受けていたのに、
このタイミングで、逮捕歴3回の曰く付きの男と付き合う事に、
更なる批判の声も少なからず上がっていました。

 

暴力をふるっても、お金で解決すればいいと思っている男と
暴力をふるわれても、金づるから離れない
まだ若い割にはスレッカラシの女と
何も考えずに、無駄なお金を与え続ける三田佳子と。

反吐が出そう

 

「ねえ、祐也さ~ん」

連れの女性2人が媚びたような声で話しかけると、
向かいに座った太めの中年男が返事をしました。

そのとたんに起こる賑やかな笑い声。

 

11月中旬の冷え込む晩。

都内のバーでニヤついていたのは、高橋祐也(37歳)でした。

 

かつて3度の逮捕でマスコミを騒がせた頃の面影は、全くありません。

当時より大分太ったようで、別人のような変わりようでした。

 

 

連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の「ばあば」役をはじめ、(息子のために?)
76歳とは思えない仕事量をこなしている三田佳子。

 

 

その次男である高橋は、これまで名女優の「出来の悪い息子」として
随分世間を騒がせてきました。

 

そんな高橋が、またもや警察沙汰を起こしたという。

 

「高橋祐也は大和里菜に『俺は都内の1等地でバーを経営している』
と吹いていたようです。

実際にそのバーへ行ってみると、こじんまりしたお店でしたね。

とてもその稼ぎだけで女の子を何人も侍らせて
豪遊できるとは思えません」(大和の知人)

 

初めに載せた、高橋が夜遊びしている場面は、
私が件のバーを訪れた時に見たものです。

 

しかし後日、私がバーの店員へ
「高橋祐也と連絡がとりたい」と伝言すると、

「高橋祐也は一般のお客さんで、
この店のオーナーではありません」との答えが返ってきました。

 

今回の暴行騒動に関しては、初期の段階から大和と高橋の双方共に
弁護士を通じて示談交渉を進めていたようです。

「暴行騒動で2人は没交渉になっていたのですが、
示談交渉が進むにつれて、いつの間にか連絡を取り合うようになり、

最終的には弁護士抜きで直接やり取りをするようになりました。
(前出・芸能関係者)

 

事務所に問い合わせると
「確かに警察からの問い合わせはありましたが、
当事務所と大和との契約関係はすでに終了しているため
弊社はお答えする立場にありません」

 

その夜、高橋祐也はバーで夜が更けるのも気にせず
グラスのお酒を何杯もお代わりしていました。

 

 

スポンサーリンク