こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

今回も、僕のブログを読んだ方から
頂いたメッセージをご紹介いたします。

「カラオケ大好きな40代女子の事務員です。
私はちょっと変わっていて
カラオケで歌うのは女子の歌よりも
どちらかというと男子の歌が多いんです。

この前も会社の宴会で
大好きな「海の声」を熱唱しました。
気持ち良かったー。

それを友達が内緒で録音してくれていて。
早速聞いてみたら、
自分で思っていたほど熱唱できてなくて
か細い声でガッカリです」。(ノД`)シクシク

そうですね、
自分の声を録音して聞いてみるのは
結構ショッキングですが
とても良いことです。

僕自身、録音された自分の声を
最初に聞いたときは
「エッ、こんな高い声で歌ってたんだ」。
意外な感じがしました。

実は、他人が聞いているのは、
この録音された声なんですよね。

時々僕は昼カラオケの店に
遊びにいくのですが
見ていると、
自分の歌声を全部録音している方が
少なからずいらっしゃいます。

後で聞いて、自分の歌のどこがまずいのか
チェックするためでしょうね。

それとは違って、
とにかく自分の声を聞いている事が
大好きな方もいるようです。

歌が上手くなりたいのなら
これでは不味いのですが。

実は、僕の知り合いのCDデビューした方も
このタイプの人なんです。(^_^;)

さて貴女の場合、自分が思っていたより
か細い声でガッカリしたんですね。

では貴女のか細い声を太くする
お腹から声が出るようにする
エクササイズをご紹介いたします。

①貴女が今
お腹から声を出して歌いたいと思っている
曲の歌詞を全部母音に書き換えてみましょう。

例えば「空の 声が 聞きたくて」は
「オアオ オエア イイアウエ」になります。

これは、劇団四季で行なっている練習法です。

まず台詞を全部母音に変えて発音する。
次に、元の台詞に戻して声を出します。

②仰向けに寝て、先ほど母音にした歌詞を
大きな声で朗読して下さい。

次に、元の歌詞に戻して歌ってみます。

③これを1週間くらい繰り返せば
嫌でもお腹から声が出るようになります。

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

何かくまちゃん先生に
お聞きになりたい事がございましたら
以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク