• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

・指を太ももに押し付けて呼吸するだけで?

「カラオケが大好きな40代主婦です。

私がカラオケを歌いだしたのは
高校生の頃でした。

当時流行っていた歌は
米米CLUBの「浪漫飛行」とか
LINDBREDの「今すぐKISS ME」
徳永英明の「壊れかけのRadio」とか
休みの日に友達とボックスに行って
良く歌ったな。

高校を卒業して、就職、
結婚も友達のなかでは早い方でした。

子供に手がかかる頃は
カラオケに行く余裕もなかったですね。

やっと最近、子供も中学生になって
カラオケに行く時間が出来るようになりました。

子供も、昔の私と同じように
部活の後で友達同士で
ボックスに行って遊んでるみたい。

私も、ママ友とカラオケボックスで
又遊ぶようになって
気が付いた事があります。

ママ友は、カラオケに行く時間を
忙しくても何とかひねりだして
あまり間をおかずに通っていたんです。

昔から結構歌の上手な娘だったけど
全然衰えていないの。
私は、歌っていない期間が結構長くて
声の出し方を忘れてしまったみたいです。

友達の声を良く聞いていると
私とは呼吸の深さが違う感じがする。
だから響きのいい声が出てるみたい。

この差って、埋められない?」(´Д⊂グスン

呼吸の深さに気が付くとは
貴女は、とても良い耳をお持ちですね。

ではこの後で
深い呼吸が出来るようになる
簡単なエクササイズをお教えいたします。

因みにこのエクササイズを

喘息持ちの生徒さんにお教えしたら

「くまちゃん先生、これはいいですね。

私は呼吸をするのを忘れている時があって
このエクササイズをやると
意識的に深い呼吸が出来る感じ。

家でも、やってみます」。

僕自身、子供の頃は酷い喘息もちでしたので
苦しさは身に染みてわかっています。

とにかく、息を吐くことが出来ない。
夜、横になって眠れない。

貴女の周りで、
もし喘息で苦しんでいる方がいらっしゃいましたら
このエクササイズを教えて上げて下さい。

さて、喘息の息苦しさが楽になって
声の響きが良くなるエクササイズとは?

①まず姿勢よく椅子に座ります。

②小指を太ももに押し付けて
息を吸ってみましょう。

③指を太ももから少し離しながら
息を吐いてゆきます。

④指を、薬指、中指、人差し指、親指の順に
太ももに押し付けて
同じように呼吸を続けましょう。

5本の指が終わる頃には
あら不思議、呼吸が深くなっています。

歌ってみると、
声の響きも良くなっていると思います。

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

 

何か熊谷にお聞きになりたい事がございましたら

以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください