• カラオケを一生楽しむためのお手伝い

こんにちは、カラオケの先生を30年やってる
くまちゃん先生です。

今日は、まず僕の知り合いの方の娘さんが書いた文章を
ご紹介いたします。

ちょっと読んでみて下さい。

貴女と同じような勘違いをしている
方かも知れませんので。

「気晴らしに1人カラオケをよく楽しんでいる
40代女子です。

歌をうたう時はお腹で声を出しましょうって
良く言いますよね?

それで、この前思いっきりお腹に力を入れて
歌ってみたんですけど

なんか肩にも力が入ってしまって
上手く声が出ませんでした。

私のやり方が変だったから?」

そうなんですよね。

僕の教室に入門したばかりの方も
そこを勘違いしている方が
少なからずいらっしゃいます。

お腹だけに力を入れるなんて
不自然なことは
やろうとしない方がいいですよ。

これは、僕の同業者でも
勘違いしていらっしゃる方が
少なからずいます。

生徒さんに指導するときも
「腹から声出せ、声出せ!」
おんなじ事ばかり言っている。

最悪の場合、生徒さんは
喉に支障をきたしてしまいます。

もし今、貴女が習っている先生が
このタイプの指導者でしたら
先生を変える事を考えた方がいいと思います。

僕の考えを言いますと
お腹から声を出すことは
単独でやる事じゃなくて
喉を開くこととセットにして
やるべき事なんですね。

逆に言えば、
貴女が、お腹から声が出ない原因は
喉の開き方が足りないからです。

この後で喉を開いてお腹から声を出す
3ステップのエクササイズをご紹介しますね。

①椅子に姿勢よく浅めに座りましょう。

②大きく口を開いてそのまま思い切り首を後ろに倒します。

喉が良く開く事がわかると思います。

③喉をしっかり空けたまま首を元に戻しましょう。

この状態で、貴女の好きな歌を
「ア」の音だけで歌ってみます。

これだけ喉を開いたままで
声を出そうとすると
お腹を使って出さざるを得ません。

これは最近の僕のお気に入りのエクササイズです。

生徒さんたちからも
「このエクササイズをやった後で歌うと
大きな声がでるみたい」と
結構評判がいいんです。

・沢山歌っても喉が痛くならない。
・高い声が出やすくなる。
・曲のメリハリが楽に付けられるようになる。

お腹から声が出るようになると
こんなにいいことがあります。

当然、今までよりも
気持ち良く歌えるようになるでしょう!

最後までお読み頂きまして
本当にありがとうございました。

ではでは今日はこんなところで。

これからも、よろしクマー♪(´(エ)`)

 

何か熊谷にお聞きになりたい事がございましたら

以下よりメッセージをお送りください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください